So-net無料ブログ作成

日本の超富裕層と呼ばれる人はどのくらいいるのか [雑記(経済)]

面白い記事がありました。

超富裕層と言われる人は、日本にどのくらいいるのか。

超富裕層とは、資産50億円以上保有している人ですが。


スポンサードリンク






超富裕層 


世界有数の金融機関であるクレディ・スイスが発表した「2018年 グローバル・ウェルス・レポート」によると。

5,000万ドル(日本円で約55億円)以上の純資産を保有している超富裕層は、日本に3,580人いるとか。

純資産とは、資産から負債を引いたものですが、この55億という数字をみただけできがとおくなりますが、3,000人以上とは、びっくりするばかりです。

この人数は、世界で5番目となっています。

また、100万ドル(日本円で約1億1,000万円)以上の保有者は、日本では、280万人。

すごいですね。

1億でもすごいのに、保有している人が、万人単位とは。

ちなみに、1位はアメリカで1,735万人。

2位は中国で348万人。

日本は第3位だそうです。

この日本人280万人と言うのは、日本の人口の約2%となります。

この2%を多いと感じるのか、少ないと思うのか。

a1470_000009.jpg

超富裕層の資産構成は 


富裕層の資産構成は、以下のようになっているそうです。

株式が31%。

次いで、 現金及び現金同等物が27%。

不動産が17%。

株式って意外と少ないんですね。

日本人の約2割が株式投資をしているというので、それよりは多いと思うのですが。

不動産も思ったより多くないですね。

現金が多いのは、どういう事でしょうかね。

50億を超えるぐらい持っていると、ほっといても勝手に増えていくので、万が一の為に現金での保有となっているのでしょうか。

いざと言う時のためと言うのもあるかもしれませんね。


スポンサードリンク






























にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:マネー

nice! 5

コメント 1

わたし

同感です、これほどまでニュースでとり上げられお騒ぎになる事の方がおどろきです。
by わたし (2019-06-14 08:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。