So-net無料ブログ作成

なぜか今騙される若者~不動産投資の甘い罠 [ニュース]

まさかという記事を読みました。

かぼちゃの馬車や、レオパレスなど、どちらかと言うと給与水準の高い、もしくは土地を持っている地主さんなどが騙されるというケースがほとんどでしたが、なんと最近は20代や30代の若者が、不動産投資に騙されているとか。

融資が厳しくなっているため、一棟売りよりワンルームマンションなどの投資での勧誘が多いそうですが。


スポンサードリンク






老後の不安をあおり 


今の若者世代は、とにかく老後が不安と言うのがあるそうです。

従って、ボーナスが出ても貯金するという人が多いそうです。

まぁ、貯金と言う時点で、駄目だなって思うんですけど。

利息も付かない、インフレ率を考えると、銀行に預けているだけで資産が減っていくことに気づかない。

まぁ、そういう若者に対して、甘い誘いをかけてくるそうです。

賃貸料でローンを返済でき、返済し終わったら、後は家賃がそのまま収入になるとか。

家賃保証で、借り手がなくても安心だよとか。

もう、そういう事が通用しないというのは、ニュースなどでみんな知っているはずなんですが、なかなかニュースなどを見ない、知識のない若者が、結構餌食になっているそうです。

家賃保証なんて、いつでも業者側が好きな時に解約できるので、なんの保障にもならないし、ローンの額に比べて、あまりにも低すぎる利回り。

もう電卓叩いて計算すれば即わかるのに。

そもそもそんなに簡単に利益出せるなら、業者自体がローン組んでやってるだろうって。

儲からないから、勧誘してカモを見つけてるのにね。

儲かることを他人に教えるなんて、普通考えたらないよ。

しかし、老後は年金だけでは厳しいよ!とか言われると、何かしないと駄目なんだって思うんだろうね。

それはそうかもしれないが。

しかし、若い人は時間があるんだから、積立投資で十分賄えるぐらいの資産は築けると思うんだがな。

一度Excelで計画を立てることをお勧めしますよ。



住宅ローンで不動産投資は禁じられている 


しかし、そもそも住宅ローンを組んで、不動産投資をすることは禁じられているそうです。

悪徳業者は、それをごまかしてローンを組ませようとするようです。

その時点で駄目!って思わないと。

住宅ローンと偽るために、一時的に住まわせたりするそうです。

不動産融資が厳しくなっているからというが。

しかし、そういう事を勧めてくる時点で、これはやばい。

手を付けたらえらいことになるぞ!ってわからないといけないと思うな。

普通の業者はそんなこと絶対させないからね。

20181226-1.PNG

勧誘で購入 


いくつかの事例もありましたが、信じられないのが、勧誘に乗って話を聞きに業者と会う人。

もうありえへん。

絶対あったらダメでしょう。

なぜ、会うのか本当に理解でけへん。

で、軟禁状態で最終的に2,000万円を超える物件を購入することになったとか。

もう開いた口が塞がらない。

軟禁されたら、もう2,000万円あげますよって言うてるのと同じやな。

こういう人は、不動産投資に騙されるというよりは、この先何らかの詐欺などに絶対引っかかる人だから、もう救いようがないんだけどね。

これから日本は少子高齢化で、住宅は余ってくるので、不動産投資とか、マンション経営は本当に危険だよって言っても、ほいほいついて言って断れないで購入するなら、もう何言っても無駄だからね。

後で泣いてもそれはもう自業自得ってことになるでしょう。

もちろんそういう業者は許せないが、騙される人がいる限りは、そういう業者はなくならないから。

本当の敵は、業者と騙される人。

もちろん本当に不動産投資で儲けている人はいると思うが、それは本当に勉強してしっかりと知識を持ってやっている人だと思う。

それか本当にいい不動産会社の知り合いがいるか。

普通は、いい物件を一般の人に紹介するなんてないですからね。

いい物件は、業者が抑えていると思わないと。

これは銭にならないという物件が、市場に出て、営業がカモがいないか探して売りつけるんだから。

企業は利益を出すことが使命だから、利益がでる物件は自前で運営するだろうって。

それは理解しないと。

企業が他の人を儲けさせようなんて思うはずがないと。

利益が出るとしても、それにどのくらいリスクがあるかということ。

リスクをいかに分散させるかというのも企業は考えているので、リスクがあればそれを一般人に転嫁していると考えないと。

企業が物件を運営し、家賃収入を得ても、空席リスクがどうしてもある。

そういう場所にある物件だと、リスクをオーナーに転嫁させ、自分はおいしいところを少ないリスクで得る。

どちらにしても、リスクは購入側にあるんだろうね。



スポンサードリンク






























にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。