So-net無料ブログ作成

イチロー選手が引退を表明~年俸の推移と生涯獲得額 [ニュース]

衝撃なニュースでした。

あのイチロー選手が引退を表明しました。

非常に残念ですが、反面少し安心しました。

もう十分戦いました。もうゆっくりと休んでください。

そして、また違う形で野球場でその姿を見せてください。


スポンサードリンク






オリックス時代 


なんか、そう言う時代もあったなって感じですね。

1992年に、高卒のドラフト4位で、オリックスに入団しました。

あの青いユニフォームを今でも覚えていますね。

野球ファンなら最初から知ってたのかもしれませんが、一般の人が知るようになったのは、200本安打達成の時からでしょうか。

1994年、日本プロ野球史上初の200本安打を記録しました。

最終的に、日本球界には9年在籍し、最後の年の2000年に、5億3000万円まで、年俸は上がりました。

1992年 19歳 430万円(契約金4,000万円)
1993年 20歳 800万円
1994年 21歳 800万円
1995年 22歳 8000万円
1996年 23歳 1億6,000万円
1997年 24歳 2億6,000万円
1998年 25歳 4億3,000万円
1999年 26歳 5億円
2000年 27歳 5億3,000万円

201903022-1.PNG

2001年メジャー挑戦~シアトルマリナーズ 


結構日本の時にも感じてましたが、体細いなって。

メジャーのイメージが、ひまわりの種食いながら、ごつい体の選手が、うごめく世界というものだったので、大丈夫?って言う空気かなりありましたね。

更にイチローの独特の調整方法により、シーズン前は現地でも駄目なんじゃないかと噂されてました。

しかし、シーズンが開幕すると大活躍。

アメリカ全土が熱狂しました。

2001年 28歳 $5,666,667 約6億9,133万円
2002年 29歳 $3,696,000 約4億6,200万円
2003年 30歳 $4,666,667 約5億4,133円
2004年 31歳 $6,500,000 約7億200万円
2005年 32歳 $12,500,000 約13億7,500万円
2006年 33歳 $12,500,000 約14億5,000万円
2007年 34歳 $12,500,000 約14億7,500万円
2008年 35歳 $18,000,000 約18億5,400万円
2009年 36歳 $18,000,000 約16億9,200万円
2010年 37歳 $18,000,000 約15億8,400万円
2011年 38歳 $18,000,000 約14億4,000万円
2012年 39歳 $18,000,000 約14億4,000万円

最高額は、2008年の日本円で約18億円。


マリナーズから移籍 


マリナーズからトレードで、ニューヨークヤンキースへ移籍しました。

プレイしたのは、2013年から2014年です。

年俸は約6億円まで下がりました。

で、2015年からはマイアミマリーンズへ移籍。

ここでは更に年俸は下がり、約2億円。

ここでは3年間プレイしましたが、年齢は既に44歳。

年齢を考えるとすごいのですが、全盛期をしっているだけに少し残念に思えてなりませんでしたね。

2016年には、メジャー通算3,000本安打を達成しました。

で、2018年から古巣のマリナーズに戻りました。

年俸はこの時で、約8,000万円。

正直寂しく感じましたね。

最高年俸18億円から考えると、約22分の1。

現役にこだわっていたイチローは、年俸よりもプレイすることを優先したのでしょう。

で、生涯獲得年俸は、約188億円

これはすごいですね。

更にスポンサー料なども加えると本当にすごい数字となります。

偉大なプレーヤーでした。

まだ若いので、テレビで見ることもあるでしょう。

楽しみに待っていましょう。


スポンサードリンク






























にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。