So-net無料ブログ作成

クレジットカードを持つならプラチナカード?~メリットは何か [雑記(経済)]

クレジットカード。みなさん1枚は持っていると思いますが。

クレジットカードには、いくつかのランクがあります。

一般的なクレジットカードは、その色からシルバーカードと呼ばれることもありますが、その一般カードの上位にあたるのがゴールドカード。

そのゴールドカードの更に上に位置するのがプラチナカードとなります。

超富裕層が持つブラックカード。聞いたことありますよね。


スポンサードリンク






ゴールドカード 


普通のクレジットカードは、もう一般的ですよね。

今では年会費無料というのがほとんどで、みなさんも1枚以上は持っているでしょう。

日本ではいまだに現金での支払が多いと思いますが、海外ではどちらかというとカードでの支払いが多いようです。

買うためにATMからお金をおろして使うとなると、なかなか大変だし不便ですよね。

その反面、あまり無駄使いはしなくなるのも確かですが、きちんと管理して使うとクレジットカードは非常に便利です。

そのクレジットカードにはいくつかのランクがあり、下からシルバーカード(一般的に普及しているもの)、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとなります。

ゴールドカードは、その名が表す通り、ゴールド色をしているため、こう呼ばれています。

財布からこのカードを取り出すと、少し誇らしくも思えたものですが、最近は結構みんな持つようになり、審査も通りやすくステータスは少し下がってきたように思えます。

年会費は1万円前後が多いようですが、数千円のものも出てきています。

年会費でも差があるように、低年会費のゴールドカードや、若い世代用のゴールドカードと、通常一般的なゴールドカードと大きく分類できるようです。

ということで、以前よりかなり入手しやすくなったゴールドカードですが、メリットってあるのでしょうか。

そりゃ、結構ありますよ。

まずはステータス。

支払いをする時にゴールドカードだと、まぁちゃんとした人かなっていういい印象でしょうか。

あと、空港ラウンジが使えるということです。

以前結構飛行機を使って出張行っていた時にはかなり良かったです。

空港のラウンジを使うには、チケットとゴールドカードが必要ですが、ラウンジは静かでかなり良かったですね。

正直ゴールドカードを作った理由が、ほぼこれだったかもしれません。

後は各種サービスですかね。

毎月会員専門誌が送られてきて、そこにいろんなお店などが載っています。

お店でもいろんなサービスが提供されているようです。

ただし、ほとんど使ったことがありません。

やはり少し高いような敷居の高い店が多いので、なんか使いづらいんですが。

年間1万円ほどかかりますが、月に換算すれば1000円を切ってますので、まぁあまり気にならない程度ですね。


プラチナカード 


ゴールドカードの上になるのが、このプラチナカード。

プラチナカードになると、持っている人自体は非常に少ないと思います。

ステータスははるかにゴールドを上回りますね。

さすがに普通のサラリーマンがブラックカードを持っている人は非常に少ないけど、プラチナは持っていてもおかしくありません。

しかし、普通はプラチナまで持たないでしょう。

いろいろサービスが提供されているのですが、そのサービスも使いこなせるかどうかですね。

代表的なサービスに、コンシェルジュサービスがあります。

どんなサービスかというと、よく海外のドラマでホテルの一階にいろいろ、コンサートのチケットを手配したり、タクシーを手配してくれたり、お勧めのレストランを探してくれ、予約してくれるコンシェルジュにあたるものです。

電話をかけると、いろいろ手配してくれたり、検索してくれたりしてくれるサービスです。

あとは、ショッピング保険や、レストランの優待、ゴルフ場の優待、ホテルのアップグレードなどなど。

ゴールド会員と同様、会員専門誌も配布されます。

年会費は、いろいろですが、25,000円ぐらいから20万ぐらいまで幅はあるそうです。

もちろん、年会費によりサービスの充実度が変わってきます。

プラチナカードの入手方法としては、通常の申請と、ゴールドからのアップグレードの案内とあるそうです。

どちらでプラチナカードを持つかにより、サービスとかの質が変わるようです。

カード会社により、どちらでプラチナカードの会員を勧誘してるかは違うようです。

もちろん、実績などにより、顧客を招待する方がサービスは高くなります。

自分で申し込みをし、審査して貰いプラチナカードを持つよりは。

2万以上の年会費を払い、それに相当するサービス、メリットを受けるのはなんか難しそうですね。

海外旅行とかよく行く人だと、空港のラウンジも使えるし、保険もきくし、コンシェルジュサービスが充実しているプラチナカードは、メリットがあるかもしれませんね。

ちなみにクレジットカード保有者の内、プラチナカードを持っている人は、約1%だそうです。


ブラックカード 


20190209-1.PNG
まずブラックカードの年会費はというと、こちらもピンキリのようで。

安いものだと年会費5万円から。

高いものになると、年会費だけで35万円だと。

もうブラックカードはステータスなんでしょうかね。

ブラックカードとは、特にこのようなカードの種類というよりは、各カード会社の最上級のものをいうカードの総称ということです。

一般的には、招待制がとられているようで、実績や年収から招待されるようです。

サービスは、各社まちまちですがやはりコンシェルジュサービスがメインでしょうね。

海外に行ったときに、すぐにレストランを手配してくれたり、いろいろと問い合わせに対応してくれるようです。

ちなみにJCBの最高ステータスのJCBザ・クラスは、年会費は5万円。

特典は。

(1)世界1000カ所以上のVIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料で利用可能(同伴者1名も無料)

(2)24時間対応のコンシェルジュサービス

(3)年1回、厳選された商品が貰えるメンバーズ・セレクション
  (2万円相当以上のギフトやコースを選択できる)
(4)国内・海外旅行傷害保険最高1億円

(5)グルメベネフィット
  (高名レストラン2名以上でコース料理を頼めば1名分が無料)

(6)ダイニング30で飲食代もしくはコース料金が30%OFF

(7)東京ディズニリゾートのアトラクションが待ち時間無しで乗れるVIP待遇

(8)ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニリゾートのJCB LOUNGE招待券

(7)や(8)は、遊園地好きにはたまりませんね。



スポンサードリンク




























にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。