So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サラリーマン投資家の投資信託運用状況報告(01/12時点)~運用利回りは6%(目標) [投資信託]

今週(01/12日時点)の投資信託の運用実績を報告します。

投資信託への積立は、よい投資信託を選べば、非常によい投資となります。

株投資と異なり、長期でゆっくりと育てていく感じですね。

・投資信託で長期運用すれば儲かる

分散型の投資信託だと、利回りもそんなに激しく動くこともなく、平均で6%以上は見込めると思います。

少しづつ積立でのんびりと老後資金を貯めてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク








投資信託 運用実績(01/12時点)


今、買っている投資信託は、以下の5つです。

  • 三井住友T SMTグロ株
  • 三菱 eMAXIS先進国株
  • 三井住友T世界経済
  • ひふみ投信プラス
  • 楽天資産形成ファンド(楽天525)


では、今週の状況報告。

≪01/12時点≫
◆◆◆SBI証券(+楽天証券) ◆◆◆
◆評価額:¥2,784,666
    (先週:¥2,659,004)
◆含み損益:-¥105,572(前週比 ¥125,662
    (先週:-¥231,234)
◆含み損益(%):-3.65%(今年度:-8.47%)
    (先週 -8.00%%(今年度:-12.82%))


今週は爆上げでしたね。

反動がすごいです。

しかし、今年の経済の予想は専門家も分かれていますね。

結構私は好きなんですが、ホリコ・キャピタルの堀古英司さん。

この人は、いろんな指標を見ても、すぐに景気後退局面に入ることはないと。

今は投資家心理と、マシントレードで売られすぎとの意見です。

実は、私も含めて、どうしても8年から10年サイクルで来ると言われている、不況におびえてるんですよね。

しかし、経済は本当はすごく賢くて、これだけ繰り返されると、それに対する対策をしているのが普通と考えてもいいですよね。

FRBなども非常に慎重に動向を見ているし。

そこまで言って委員会に出ている須田慎一郎氏。

自分では経済評論家と言っており、この前も2019年は景気後退するに決まっていると。

景気後退しないっていう人は自分の周りには誰もいないって!豪語していましたね。

こういう人を見ると、数年前に中国の景気が後退し、リーマンショック級の不況が来ると言っていた時を思い出します。

リスクを見るのはいいんですが、リスクが課題になった時点で対策が打てるんですよね。

備えるのはいいんですが、過度の不安は不要ですよ。



投資信託は長い期間かけて投資するものなので、一週間単位で一喜一憂するものではありませんが、週単位の世界情勢を見るには、多少役にたつかと。


※毎月1万円(毎月1日)の積立と、余裕があるときのスポット購入で、平均運用利率6%を目指して頑張っていきます。
a0002_012029.jpg

投資信託 選択条件


■運用期間が無期限であること。

購入時手数料がかからないこと。運用管理費用率が低い。

純資産残高が増え続けていること。(残高も豊富なこと)

当然、積立が可能であること。

↓ 参考にした本(目からウロコが落ちました。)




スポンサードリンク








関連記事:
 ・投資信託の運用状況報告(01/05時点)
 ・投資信託の運用状況報告(12/29時点)
 ・投資信託の運用状況報告(12/22時点)
 ・投資信託の運用状況報告(12/15時点)
 ・投資信託の運用状況報告(12/08時点)











にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

◆今大人気のニット帽







スポンサードリンク



■↓ 是非読者登録を ■■■■

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。