So-net無料ブログ作成

Excel使って資産状況の管理とシミュレーション [雑記(経済)]

仕事柄、Excelは非常によく使います。

もう、資料は8割ぐらいがExcelですかね。

Wordで資料を書くってことはほぼありません。

このExcelは本当に便利です。


スポンサードリンク






資産管理表 


資産管理は、Excelで行っています。

毎月の資産管理を行っています。

日々の収支については、スマフォのアプリを使用しています。

androidアプリである「マイ家計簿」というのを、もう長い間使用しています。

このアプリは、CSVファイルでデータをダウンロードできるため、1年に一度ダウンロードして、パソコンで集計することもできます。

各投資先単位に、利回りの計算をしたりします。

CSVファイルは、普通にExcelで読み込めるため、フィルターを使ったりといろいろ活用できます。
Screenshot_20180913-222116.png


毎月の資産状況はExcelで行っており、資産の状況がわかるようになっています。

投資信託が先月と比べてどのぐらい増えているか。

株式やら、FXやらも同様に、先月比であらわすようにしています。

グラフで表示することもできるので、どのように変化しているのかも一目瞭然です。

シートは、全体のポートフォリオがわかるもの。

投資信託、FX、仮想通貨と分けています。

最近は、年単位の資産のシミュレーションも行っています。

気が早いんですが、65歳までの投資計画。

あと、65歳からの資産の取り崩しのシミュレーション。

もう、遊びが半分みたいな感じですが。

シミュレーション通りに行けば、なんか気持ちいいですからね。

そのせいで、ほったらかし投資をしているにみかかわらず、ついつい資産の現状を入力し、眺めています。

↓ これは投資信託の状況です。

点線が右の方へ伸びているのは、投資信託を複利で運用したときの計画です。

実線は、単に積み立てをした場合の線です。

20180914-1.PNG


FXを外貨預金代わりに 


↓ こちらはFXです。

FXを預金代わりにしています。

スワップポイントを貯めながらですが。

20180914-2.PNG

オレンジの線は、投資額+スワップポイントです。

青とグレイの線は、どこまでロスカットしないで耐えれるかを表した線です。

だんだん右下に下がっていっていますが、どんどん耐性ができてきて、ちょっとやそこらの下落では、影響が出なくなってきています。

ほっとけば、更に大きな下落にも耐えられるようになり、いずれ、1円までランドが下がっても平気なぐらいになります。

その辺までくれば、少しづつ払い出しをしながらできますね。

今の段階でストック収入がいくらあるのか。

65歳でいくら資産があり、いくらストック収入が得られるのか。

65歳になったら、投資を投資信託に一本化し、年換算で約7%程度を切り崩しながら、小遣いにする。

するといくら月々使えるのか。

などなど、シミュレーションしながら計画しています。

計画はあくまで希望的な高い値をせずに、少し下値でやっています。

そうすることで、何か問題があった時でも、それまでのたくわえがバッファになりますからね。

複利の計算をしてみると、更に楽しいかもしれませんよ。

今の年齢から、毎月いくら積み立てをしたら、定年時にいくらになるか。

こういう計算をしていると、本当に若いときから積立投資をしていればなって、つくづく思いますね。



スポンサードリンク











bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
















にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。