So-net無料ブログ作成

ベネズエラのデノミ対策実施~政府は成功したと言っているが [ニュース]

17日夜に発表された、ベネズエラの通貨ボリバルのデノミネーション。

物価と給与について、デノミした新通貨と仮想通貨「ペトロ」と連動させ、経済を好転させると考えたようですが。

20日に、ベネズエラ政府は、デノミの実施に成功したと発表しましたが、はたしてどうなのか。


スポンサードリンク






20日を休日にして対応 


ベネズエラ政府は、20日を休日とし、その間にデノミを実施しました。

デノミした後の通貨「ボリバルソベラノ」。

通貨単位を5桁切り下げましたが、このボリバルソベラノの紙幣を下ろせるATMは、ほんの一部だそうです。

そもそも成功と言っているが、ボリバルソベラノの紙幣は全然足りていないようです。

ベネズエラでは、紙幣の印刷を海外に委託していて、委託費を払いきれていないベネズエラ政府は、なかなか紙幣を調達できていないとのことです。

ベネズエラの大統領「マドゥロ大統領」ですが、そもそもの原因を作ったのがこの人です。

ベネズエラでは、原油価格の下落により外貨不足が発生し、更にアメリカの経済制裁の影響でインフレが進行しました。

マドゥロ大統領はこれに対応するため、最低賃金引き上げや、補助金を乱発しましたが、それが今のスーパーインフレを引き落としました。


南アフリカの隣の国 ジンバブエ 


ハイパーインフレと聞いてすぐに思い出すのが、ジンバブエ。

南アフリカなど、周辺にはアフリカの中では比較的経済がしっかりしている国があるのに。

ジンバブエ経済の最大の問題は、大統領のムガベ。

2000年から始めた農地改革。

白人の所有する大農場を強制的に収用する政策を実行したため、同時にノウハウまでなくし、農作物の収穫量が激減。

更に干ばつ被害も重なり、食糧不足の深刻化が発生。

やはり、国のトップがアホだと、インフレって起こるんですよね。

20180823.PNG




スポンサードリンク











bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で













にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。