So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

リボ払いは本当に悪いのか~使い方を考えると見方が変わる [経済]

クレジットカードにあるリボ払い。

ネットで調べるだけでも、わんさかと絶対使ったらだめ!という記事ばかり。

理由は簡単で、金利が高すぎるという事。年利15%は確かに高いね。


スポンサードリンク






リボ払いの金利 


リボ払いの金利は、大概高く設定されています。

大体が15%ぐらいですね。

中には若干低いところもありますが、それでも13%とかではないでしょうか。

この金利は、1年間借りた時の金利となります。

この辺誤解している人がたまにいますからね。

従って、1カ月だけ借りると、金利は1.25%となります。(年利15%とした場合)

例えば、1万円をリボ払いにすると、金利は、125円となります。

10万円借りて一カ月で返済したら、1,250円。

a0150_000136.jpg

リボ払いもうまく使えば怖くない 


先ほどの金利の話で、実は上手に使えばリボ払いってそんなに怖くないですよね。

よく記事で書かれているのは、借りたお金をずっと返済しな買った場合、これだけ利息とられますよ!ってことが多いです。

あと、返済しながら、また次の買い物をし、返済と借り入れを繰り返している場合。

当然、こういうケースは、いつもいつも高い利息を払い続ける羽目になります。


本当に一時的にお金がいる、もしくは欲しかったものを買った時などは、その時に大きな金を払うのか、リボ払いで計画的に返済するのかは、どちらもありだと思います。

1か月の金利1.25%。

例えば10万円のパソコンをリボ払いで買いました。

月々2万円のリボ払いにしました。

大雑把に計算してみると、1カ月目は、利息は1,250円払います。(これに返済分2万円)

次の月には、利息は1,000円。

次の月には、利息は750円。

次の月は、利息は500円。

次の月は、利息は250円。

利息の合計は、3,750円となります。

これは支払っている期間5ヵ月での利息となります。

一括で10万円払うということは、その時点で資産が10万円減るということです。

もし、月々の支払いを2万円にして、本来払うはずであった8万円を投資する。

投資するというよりは、支払いに充てるつもりであった、投資信託や株を長く持ち続ける。

5ヵ月で3,750円より多くのリターンが得られるとすると、リボ払いは有効だと思います。

ちょっと例が極端すぎて、のちのち支払うはずのお金で投資するように書いてしまいましたが、リスクの低い投資商品を長く持つという事も検討に入れるべきではないでしょうかということです。

ちょっと例として悪いかもしれませんが、企業は借金をすることにより、投資に資金をまわすことをしたりします。

まぁ、これの個人版と言ったところでしょうか。

a0002_011705.jpg

あくまで見方を変えるという事 


誤解のないように言うと、もちろん借金がないのが一番です!

一括で払ってもいいだけの現金があれば、それに越したことはありません。

一括で払うために、投資した商品を解約する必要がある場合には、少しでも長く持つためにリボ払いを使うというのはありではないかという話です。

実は私も、ここ最近出費が嵩んだので、リボ払いを使っています。

現金はあまり持ってないので、月々の返済で保有期間を延ばしています。

市場の格言で、セル・イン・メイというのがありますから、4月末か5月頭に一旦株の一部を売却しようかと考えています。

今10%程度の運用益が出ていますから。

メディアや、ネットの一方的な記事も、電卓片手に計算してみれば意外と見方が変わるかもしれませんよ。




スポンサードリンク









◆こちらのブログも (経済指標と南アフリカランドの情報)
※只今ランキング上昇中!!!
・【10億ドルへの第一歩は1セントから】
10okudollar.JPG

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(16)  コメント(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。