So-net無料ブログ作成

FXのレバレッジが25倍から10倍へ~金融庁が検討開始 [経済]

金融庁がFX(外国為替証拠金取引)でのレバレッジを引き下げる検討に入ったとのこと。

もうびっくりですね。

今の25倍も、一度引き下げられているのに、またですか。


スポンサードリンク






金融庁が検討に入ったレバレッジの引き下げ 


金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入ったそうです。

現在FXのレバレッジは、25倍です。

この25倍っていうのも、規制が入ってから下げられた結果ですが。

これがなんと10倍にしようとしているそうです。

10倍って、必要保証金が今の2.5倍になるということです。

これが、個人投資家を守るためっていうのが不思議です。

現在、日本国内の取引高は、約5,000兆円に上ります。

それほど日本ではFXが非常に加熱しています。

日本では、FX業者への規制は、銀行などに比べ緩い面があるそうです。


早ければ来年から 


金融庁は、早ければ来年にも内閣府令を改正しようとしているとのことですが、これからFXの業界団体、金融先物取引業協会と規制見直しに向け協議を始めたそうです。

南アフリカランドでは、現在レバレッジ25倍だと、約33,000円ぐらいで買う事ができます。
(10万ランド単位)

しかし、レバレッジが10倍となると、約83,000円必要になってきます。

必要な証拠金が増えるという事は、同じ額の資金を用意しても、証拠金が多くなるとそれだけロスカットされる額が高くなります。(7円でロスカットされるところが、7.5円でロスカットされるという感じ)

金融庁の考えとしては、相場の動きを考え、変動率が最も大きいケースでもロスカットされることない、制度設計をめざしているそうです。

1985年以降だと、主要な10通貨の平均の変動率は11.4%。

元本がなくなるレバレッジは約9倍だそうです。

ここから、10倍と言う倍率が出てきたようです。

a0150_000136.jpg

FX業者は反発 


今回の規制強化については、FX業界からは反発が出ると思われています。

それは、レバレッジが低くなると、FX取引の敷居が高くなり、顧客が逃げていく可能性があるからです。

手ごろ感がなくなりますから。

レバレッジを下げれば、個人投資家の取引量が減って、収益減少や為替市場の流動性の低下につながることが懸念されます。

ある程度は、自己責任で行わせた方がいいと思いますが。

株投資だって、いまだに信用取引は規制されていませんし、下手な人が大損するというのはどこにでもあることですよね。
(信用取引もレバレッジが決められていますが、1倍より大きいという時点で損しますから)

あまりにもロスカットで、損する人が多いんでしょうか。

FXをろくに勉強しないで、儲かった人の話を鵜呑みにし、取引する人が増えたせいでしょうかね。

もしこの規制が決まるようであれば、非常に残念です。



スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・本をBOOKOFFで売ってみる(買取価格は)~コミック、小説は安い 
・FXの口座情報に出てくる項目の算出式(SBI証券) 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で







にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。