So-net無料ブログ作成

FXの口座情報に出てくる項目の算出式(SBI証券) [経済]

SBI証券のFXサービスを今使っているんですが、その口座情報に出てくる項目の算出式って意外と知らない人多いんですよね。

実は私もじっくりと読んだことがなかったりして。

という事で、おさらいを込めて改めて見直してみることにしました。


スポンサードリンク






SBI証券のFXサービス 


口座情報には、いろいろと項目が出てきます。

預託保証金とか、必要保証金などなど。

それらはどうやって算出しているのか。

■預託保証金・・・基本的には口座に入れた現金を示します。これに代用有価証券充当評価額を足したものになります。この代用有価証券充当評価額は、受渡基準保有数*参考単価*代用掛目となります。

■実質保証金・・・預託保証金+総合計評価損益ー現引きの拘束金。

■必要保証金・・・建て玉にかかる取引保証金の合算額。

■レバレッジ・・・想定元本/実質保証金。想定元本は下記に説明しますが、現在値が高くなれば、想定元本が増えます。しかし同時に総合計評価損益も増えるので、分母も分子も増加となります。

■想定元本・・・数量*取引単位*現在値。

■建玉余力・・・実質保証金ー必要保証金ー新規注文保証金。

■総合計評価損益・・・総評価損益+総未実現スワップ。

■預託保証金率・・・実質保証金/必要保証金*100。

■建玉金額・・・数量*取引単位*基準レート。

■振替可能額・・・建玉余力と預託保証金の少ない額。


実は、これを見てみると、振替可能額は、預託保証金を超えないことがわかります。

従って、100万円を預託保証金として入れると、100万円を超えた出金できないという事です。

スワップポイントを貯めても、結局は引き出せないという事ですね。

ちょっと勘違いしていました。
20170824.JPG


スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・報道2001フジテレビの報道番組はもうバラエティか 
・日本の富豪たちの配当金は莫大~もうちょっと社会に還元すれば 







にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。