So-net無料ブログ作成

IR法案のメディア報道がひどすぎる~なぜ韓国のカジノの実態を例に上がるのか [ニュース]

IR法案が12月15日に成立しました。

メディアはこぞって否定的なコメントを記事にしていますね。

それもギャンブル依存症や、韓国の江原ランドを例にして。


スポンサードリンク






ギャンブル依存症 


日本のギャンブル依存症の疑いのある人は、536万人いるそうです。

厚生労働省研究班がまとめた数字だそうです。(2014年の時点)

成人全体では、国民の4.8%にあたり、男性は438万人、女性は98万人いるだそうです。

この数字、世界でも際立って高い数値だそうです。

おかしいですね。日本のギャンブルって公営ギャンブルである競馬、競輪、競艇とかなのに。

そうです、これには一般的にはギャンブルと認められていないパチンコ・パチスロが含まれているからです。

ギャンブルじゃないなら、パチンコ依存症はギャンブル依存症じゃないのではと思ったりしますが。

日本でこれほどギャンブル依存症の人が多いのは、いたるところにパチンコ屋・パチスロ店があるからです。

どこにでも人が気軽に入れるところに、パチンコがあるんだから。

日本では、パチンコはギャンブルとはなっていません。

いつまでたってもグレイゾーンのままにしているんですよね。

あるテレビ番組で芸人が、カジノができるとギャンブル依存症になって、悲しむ人が増えるから反対すると。

ならパチンコをそのままにしてていいのか。

今回のIR法案により、カジノができる場所を、隔離する。

ギャンブル依存症の対策をする上で、パチンコやパチスロなどのグレイゾーンに光が当たり、グレイゾーンがはっきりするんではないかと。

そうなる方が、よっぽど健全な方向に進むと思うのですが。

今のままでは、グレイゾーンのままで、パチンコによるギャンブル依存症は減らないよ。

それを許容するのか?

あと、パチンコのギャンブル依存症の問題が解決できていないのに、カジノなんてって言う人がいますが、パチンコの問題は、何も解決しないじゃないですか。

何年前からパチンコがあるんですか?

何か解決するために今動いてるんですか?

何もないと、これからも何も変わらないですよ。


また、人が負けたお金で経済を潤すというのはいかがなものかと、言う人もいますが。

これもまたとんちんかんな話だな。

言いたいことはわかるが、基本カジノは、外国からの観光客や富裕層がターゲットでしょ。

その人たちが、遊びでカジノしてお金を落としていく。

それは別におかしいことではないと思うけど。

あとIR法案でのカジノの扱いって、本当に小さいんだけと。

統合リゾートというぐらいなので、もっと大きな娯楽施設をつくり整備する法案なんですよね。


韓国を例にすること自体がまちがっている 


よく例に挙げるのが、韓国の江原ランド。

韓国は、国内17か所にカジノがあります。

カジノの売り上げは、2,760億円あるそうです。

特に江原ランドは、韓国の人も入場できるカジノとして有名です。

しかし、周辺地域は治安が悪化し、子供を持つ家族は街を離れていき、人口が減っているそうです。

子供をほっぽりだして、カジノをする親もいるそうです。

一応韓国人は、住民登録票を掲示し、約880円の入場料を払うそうです。

しかし、韓国のカジノを例にして、問題だっていうのはどうなんでしょうかね。

韓国の現状見たらわかるでしょう。

韓国にいった観光客からは、結構サービスの悪さや、ぼったくりなどが結構問題視されてますよね。

それと日本に来た観光客との反応の差を見てください。

きめ細やかさが全く違います。

日本人がカジノをすると、きちんと整備されるし、きっと素晴らしいものになると思いますが。


日本も次の観光の目玉を考えないと、今後観光客は伸びないですよ。

反対派の人の中には、そんなカジノなんかで観光客をよばないで、本来の観光に力を入れるべきだという人がいます。

でも、これ以上は無理でしょ。

京都や、奈良、東京、大阪などなど、いろいろありますが、もうすでに限界に近付いているような気がします。

京都や奈良は、すでに観光客がいっぱいで、これ以上増えると、逆にみんな嫌がって避け始めますよ。

東京や大阪も、いまや観光客でいっぱいですし。

そもそも日本では田舎に行けば行くほど、英語が通じませんからね。

そんなところに、今後観光客が増えるとはとても思えません。

東京ディズニーランドとか、USJありますが、あの混み具合。

アメリカ人や、ヨーロッパから来る人たちには異常としかみえないのでは。

中国人は慣れてるかもしれませんけど。


今回のIR法案は、プログラム法案です。

これから1年かけて、いろんな問題を解決していきましょうというもの。

これからが議論なんですよね。

今カジノは、世界130ヵ国以上で合法化されています。

今の世界の流れは、ギャンブルする場所を隔離することにより、ギャンブル依存症を減らそうということだそうです。

日本もそういう方向に向かっていくのが、本来正しいと思いますが。

反対しているのは、生理的にギャンブルが嫌とか、よく理解されていないとか、メディアのいう事を鵜呑みにしているとかではないでしょうかね。

要するに考えてない人たちという事ですが。

トランプ氏を大統領に選んだ人たち、イギリスのEU離脱を選んだ人たち、山本太郎を選んだ東京都民。

怖いことです。どう選択したらどうなるかではなく、今不満だからと判断する人が多くなっているんですね。

世界中でそれが今起こっているんですが。

日本は幸いなことに、民主党政権にした反省があり、今圧倒的な支持を得る自民党 安倍政権があるわけで。

今ある問題をどうすれば、良い方向にもっていくことができるのか、もっとみんなが考えないといけないと思います。

メディアをそのまま信用しない事。これは鉄則です。

もっと、いろいろ調べてみましょう。
a0002_009469.jpg


スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・最近の【トランポミクス】は第2のアベノミクスになるのか 
・ジャンボ宝くじ発売中~宝くじのちょっとした小話 






にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました