So-net無料ブログ作成

年金問題について、普通のいちサラリーマンが思うことを書いてみた [経済]

今、日本の年金問題について、いろいろ議論されてますよね。

中には日本の年金制度は破綻するとか、本気で言ってる専門家もいます。

専門家って、誰でも名乗れるので、情報を受け取る方がきちんと勉強しないと駄目なんですよね。


スポンサードリンク






一サラリーマンの考え 


専門家でも、詳しいわけでもないので、今回は勘違い混みの思ったことを書きたいと思います。

詳しい人からすると、突っ込みどころ満載かもしれませんが。

まず、日本の年金制度が破綻するのか?

これはないでしょ。

今の日本の年金制度は、現役世代が保険料を払って、その時の老人の年金に使います。

現役世代がいる限り、制度自体が無くなることはないと思います。

制度を替えるには、必ずどこかで損をする人達が大勢いて、とても制度なんて替えられない。

では、今の制度のままで十分な年金がもらえるか?

これは、もらえないでしょう。

だって、少子高齢化で、現役世代はこれからどんどん減っていくんだから。

年金支給額はどんどん減っていくんですが、年金の支給はこれからも無くならない。

支給している以上破綻とは言えない。

では、そもそも十分な年金もらえないのに、年金制度が、大丈夫って言えるのか?

これだって、今の年金支給額だって、全然足らないでしょ。

それを言うなら、今の時点で、もう十分な年金はもらえていない。

だから、厚生年金やらで、補填していかないといけないんですよね。

個人で貯金もして、各自が足りない不足分は補わないといけないんですよね。

今後は、その額が、今よりも大きくなると言うことですよね。


打開策はあるのか? 


その打開策は?

やはり、問題は、少子高齢化ではないでしょうか?

少子化がまさに問題なんですよね。

現役世代を、増やす事を一番に考えないと、問題は解決しないですよ。

子供を産むと、独身よりもいい生活が出来るようにならないと、誰も子供作らなくなりますよ。

独身者が、給与をもらい、好きなように遊んでいると、若い人たちは、結婚して、子供作ろうって思わないですよ。

何するにしても、独身者は、既婚者で子供もいるサラリーマンよりも、リッチで自由な生活してますよ。

a0001_010079.jpg

投票の問題 


保育園の問題もそうですよね。

老人のことばかり考えてる。

そりゃ、老人が投票によく行くので、政治家は年寄りばかり見てます。

正しく、世の中をよくしようとする人に、より多く投票してもらいたいのに、そうならない。

若い世代は、自分たちの未来のことなのに、老人のエゴのために犠牲になってる。

大阪都構想もそうだし、イギリスのEU離脱もそうですよね。

選挙制度も、定年制を採用するべきではないでしょうか?

年取れば、判断力も鈍り、幼児化していきます。

なのに、老人にはいつまでも選挙権はあります。

それに比べて若者はどうでしょうか?

確かに今の日本の若者に選挙権与えても、無駄だと思ってしまう事もありますが、若いうちからしっかり考えている若者も確かにいます。

EU離脱の時にも、自分たちの未来を、老人たちが壊したとデモもありましたよね。

そんな若者に期待するのもいいんじゃないでしょうか。

若いうちから、俺ずっと独身でいるぞって思う人は少ないと思うので。


スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・東京証券取引所の上場廃止基準により追い込まれる上場企業 
・また南アフリカへの進出の壁が低くなった 

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました