So-net無料ブログ作成

日本の相続税が高すぎて資産家が3代で潰れると言われている [雑記(経済)]

相続税は当然、他の国でもあります。

しかし、日本の相続税は特に高く、それに相続額が大きくなればなるほど税率も高くなります。

従って、タイトルにあるように、日本では資産家は相続税を払うために、どんどん資産を売り、結果3代で潰れてしまうと言われているのです。


スポンサードリンク






なぜ日本だけ資産家がつぶれると言われるのか 


相続税はどの国にもあるのに、なぜ日本だけが3代程度で潰れると言われるのでしょうか?

確かに日本の相続税は高いことで有名です。

でも、ヨーロッパとかアメリカでは、由緒ある名の通った資産家は代々受け継がれていますよね。

日本でも、政治家などに多い資産家の系統は、いまだにありますし。

それはまず、考え方の違いもあるようです。

ヨーロッパなどは、自分の代々受け継がれてきた資産を、自分たちの子孫にいかに残すかを本当に必死に考えています。

従って、資産を増やすことも当然ですが、資産をいかに次世代に残すかを一生懸命考えています。

それが合法なのか、非合法なのかは当然ありますが、租税回避地やスイス銀行への送金など、本当にやっていますよね。

日本はというと、生真面目な国民性もあり、税金はきちんと払わなければならないと考えているし、また節税などの対策が、いかにも国をだましているという嫌悪感を抱くものと捉えられている側面をあるからではないでしょうか。

若いうちから、資産を自分の子供にいかに多く残すかを考えるべきなんですが、どうしても年取ってから考えることが多く、その時からでは遅い場合が多々あります。

例えば、自分の子供に資産を譲る場合、年間110万円までは非課税となります。

だから、若いうちからこの制度を使用し、子供の銀行口座に入れるというのも一つの節税であるんですが。

年取ってから、この制度を使っても、10年で、たった1,100万円ですからね。

資産家にとっては大した金額ではないですよね。

ただ、注意する点として、この制度でも実は課税される場合があります。

毎年、同じ金額を同じ時期に規則正しく譲与していると、それは一定の金額を一括して贈与するのと同じとみなされる場合があります。

必ずしも非課税になるとは限らないので注意してください。

a0050_000084.jpg

相続税を減らす対策  


相続税を減らす対策として、資産価値を減らすというやり方もあります。

資産価値が減れば、それだけ相続税が少なくなります。

例えば土地で言えば、土地は使用用途により資産価値は変わってきます。

土地をアパートにすると、用途が限られるため、資産価値は減ります。

相続税対策として使用される対策の一つです。

日本の相続税の最高税率は、2015年から6億円超の遺産に対しては、なんと55%の税率が課税されることになっています。

半分も取られるのかよって思いますよね。

でも、過去をさかのぼれば、10年より前の2000年初期の時代には、最高税率は70%ありました。

55%といえど、下がった方なんですよね。

最初にどの国にも相続税はありますと言いましたが、実は最近の傾向としては相続税をなくす方向に行っている国もあります。

イタリアやスイスやスウェーデン、オーストラリアなどは、すでに相続税を廃止しているそうです。

その他の国でも、実は相続税廃止に向けて動いている国は多いそうです。

日本はどうなんでしょうかね?

確かに税率が高いのは、高額な相続の場合です。

最近、土地が整地され、その後コピーしたような家が建てられることが多いですよね。

4,5棟、同じ家がズラーっと。

これらは、大家さんが年をとり、土地を売った結果、建売住宅に姿を変えているという事です。

そんな家を買う方もそうなんですが、なんかよくわからない光景ですよね。

正直ああいう家に住みたいとは全く思いませんが。

とりあえず、3代で資産家は潰れるというのは、節税対策を全くしない場合です。

早いうちからどんどん、対策をし、いかに資産を子供たちに残すか。

そうすれば、逆に資産を増やすことも可能だと思います。

子供用NISAも、また有効な対策です。

NISAは、国民ひとりにつき一口座作る権利があります。

配当金にど、今は20%の税金がとられます。

でも、NISA口座を子供用に作ると、非課税で、そのまま配当金を受け取れます。

例えば、子供用NISAの口座を作り、そこで株式を購入し、運用すると、その配当金は非課税で、どんどん積上がってきます。

毎年10万円の配当金をもらえてるとすると、約2万円が余計にもらえているイメージです。


とにかく、土地を売ってしまえば、その土地からは何も生まれません。

活用すれば、そこからお金が発生します。

資産家の皆さんは、しっかり節税対策をしましょうね。


スポンサードリンク





























にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました