So-net無料ブログ作成

知事の給与は平均1,758万円と高額所得 [雑記(経済)]

各自治体の県知事、市長の給与が公開されました。

平均は、県知事で1,758万円で、市長は、1,782万円となっています。

県知事、市長ともに2年連続して増額です。


スポンサードリンク






給与所得が最も多かったのはやはり 


給与所得が最も多かったのは、やはり舛添元東京都知事で、2,695万円でした。

やはり、平均の1.5倍ぐらいありますね。

さすがというか、なんというか。

市長では、林文子横浜市長で、2,490万円となっています。

さすが、横浜といった感じですかね。

関西では、山田啓二京都府知事で、1,940万円となっており、市長では、久元喜造神戸市長で、1,808万円でした。

京都と、神戸という、まあ妥当なところですかね。

しかし、やはり関東との差を感じずにはいられませんね。

a0002_011580.jpg

公開対象は 


公開対象は、2015年の1年間を通じて在任し、今年4月時点で現職の知事と市長となっています。

したがって、舛添元東京都知事も対象となっています。

2年連続して増加したのは、東日本大震災の復興財源捻出に向けた給与減額措置の終了が理由となっています。

気になるところで、大阪府知事の松井一郎氏は、1,326万円と、平均を大きく下回っています。

関東地区は、群馬、埼玉、千葉と、2,000万円を上回っています。

他の地域で2,000万円を上回っている県は、岐阜、福岡の2県となっています。

ちなみに最下位は、三重県の鈴木英敬氏の1,155万円でした。

でも、1,000万円超えているんだから、知事は高給取りだということがわかりますね。

退職時に退職金もつくし。

これがずっと続かないところが救いですかね。


スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・急激な円高が進んでいるが 
・OPEC総会での増産凍結は今回も合意なしとの予想 

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました