So-net無料ブログ作成

確定拠出型年金の実績~運用利率が5%を超える [雑記(経済)]

企業でやっている確定拠出型年金の運用実績報告書が送られてきました。

どちらかというと、積極運用に近いポートフォリオにしているため、目標に比べても高い運用利率となっています。

トランプ相場により、株式運用の比率を高めにしていると利益は高いと思います。


スポンサードリンク






確定拠出型年金 


この確定拠出型年金は、加入者自身が資産を運用するものです。

今までの公的年金や企業年金は、「確定給付年金」と呼ばれていて、国や企業が年金の額を約束していました。

しかし、この確定拠出型年金は、自分の運用次第では、マイナスになることもあります。

マイナスと言うのは、積み立てた額より、支給額が減るという事です。

決して、マイナスでお金を払わなければならないという事ではありません。

周りに聞くと、運用、投資は怖いので、全て元本保証の商品しか買っていないという人もいます。

日本人的ですよね。

でも多いみたいです。

私の運用実績はというと、5.29%です。

同一企業内での平均利回りは、2.18%なので、倍以上の実績を残せているという事になります。

投資信託の運用利率を6%としているので、同等の利回りを出しているという事になります。

出しているというよりは、まあ、そういうポートフォリオを組めたという事です。

分布図で見ると、0%~2%と言うのが一番多いみたいです。

a0150_000136.jpg

ポートフォリオ 


もちろん反省、修正すべき点はありますが、バランス型と収益重視型の間ぐらいのポートフォリオになっています。

国内債権は、15%。

国内株式は、30%。

海外債権が8%で、海外株式が22%。

元本保証の定期預金などが25%です。

日本経済の勢いと、アメリカ経済の勢いに期待をし、株式に52%配分しています。

債権には、23%を当てています。

見直す点としては、元本保証型に25%を割いているところです。

同じような商品に分配していますが、そのうち2つは金利が0.01%。

よく見ると意味ないことをしています。

それを金利が0.1%ある商品に集約することが必要です。

2016年9月末を基準にすると、海外株式が約21%上昇しています。

国内株式が15%上昇。

国内債券が‐2.0%と低迷しています。

アメリカ経済もどこまで上昇するのかわからない状況となっています。

うーん、もう少し様子見かな。

当分まだ株式の方が良いと思っているのですが。


スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・南アフリカランドが意外と頑張っている~ジャンク入りも資源価格高騰で 
・投資信託の毎月分配型~勘違いして買っている人が多すぎる 



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました