So-net無料ブログ作成

薬剤師の給料は~今後ますます需要が高まる薬剤師 [雑記(経済)]

日本の高齢化社会は、今後さらに進んでいくでしょう。

老人が元気という事は、とてもいいことです。

孫と遊ぶおじいちゃん、おばあちゃんは古き良き時代の日本を思い浮かばせますよね。

しかし、その反面病院にかよう老人の数も増え、病院も増えると街には調剤薬局が増えます。


スポンサードリンク






コンビニより多い調剤薬局 


実は調剤薬局は、全国に約56,000件あるそうです。

この数は、なんとコンビニの数より多いそうです。

コンビニは、全国に約53,000点あります。

調剤薬局には、もちろん薬剤師が必要です。

という事で、薬剤師は仕事が無くなることはないという事になります。

当然、薬剤師は調剤薬局だけではありません。

病院、製薬会社などいろんなところに、その知識・資格を活用する場があります。

例えば、沖縄に住みたいなとか、ちょっとした離島に住みたいとか、まったく新しい土地に住みたいと思った時に、一番の問題は仕事です。

しかし、薬剤師の免許を持っていれば、どこに行っても働くことができます。

本当にすばらしい資格ですよね。

薬学部は、2006年度より6年制になりました。

近年、薬剤師にはより一層高い信頼が必要となり、能力も求められるようになったからです。

薬もどんどん新薬が出てきますから、例え医者の指示通りに出すと言っても、専門的な知識を持つ薬剤師のチェックが必要となります。


薬学部の卒業までには、私立大学でおよそ1,000万円から1,500万円、国立大学では約350万円の学費が必要となります。

a0002_010832.jpg

薬剤師の給与 


その答えは、「医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」という公的な資料でわかります。

平均給料が、447万円。賞与は、110万円。

年収は、558万円となっています。

ちなみに医師の年収はというと。

平均給料は、1,276万円。賞与は、180万円。

年収は、1,456万円です。

いやー、医師はもちろんすごいですが、薬剤師も結構いいですね。

「医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」の中には、当然看護師の年収も発表されています。

平均給料は、396万円。賞与は、100万円円。

年収は、497万円となります。

平均的といいましょうか、しかし、大変な仕事を考えると、やはり少し安いような気もしますね。



スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・南アフリカランドが意外と頑張っている~ジャンク入りも資源価格高騰で 
・経済指標としての国債金利(利回り)~リスクオフ/リスクオンの見極めに 






にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました