So-net無料ブログ作成
検索選択

セルインメイの後いつ買いを入れるのか~夏場にかけて低迷する市場 [経済]

有名な株式市場のことわざに「セル イン メイ」というのがあります。

これは、株価は5月に高値を付け、その後はどんどん下がるので、株は5月に売れということわざです。

いろいろ理由はあるようですが、ヘッジファンドの45日ルールなども影響しているようですが。

今年は該当するのかわかりませんが、夏場は総じて閑散期になることが多く、その始まりが5月からとなることが多いのでしょうか。


スポンサードリンク






セル・イン・メイのその後は 


セルインメイには、続きがあります。

Sell in May, and go away; don't come back until St Leger day.
(5月に売れ!そのままにしておけ。9月のセントレジャーデー(9月の第二土曜日)まで帰ってくるな!)

とのことです。

なかなかそこまでは知らない人が多いんではないでしょうか。
(私も知りませんでしたが、じゃいつ買えばいいのかと調べてわかりました。)

日本のことわざで、人の行く裏に道あり花の山というのがあります。

まぁ、人と同じ通りに売り買いしていても儲かりませんよって。

これに従えば、このセルインメイでみんな株を売り、下落したところを買えってことになりますが。

株の売買で儲けようとするには、当然安く買い高く売るです。

そう考えると、確かに5月から9月までの閑散期に、株を買って上昇相場で売るって言うのも一つの戦術かもしれませんね。

ただ、今年が上記の流れに沿うかどうかはまだわかりません。

直近の数年ベースで検証すると、夏枯れ相場は8割程度当たっているようです。

日本でも夏休みもありますし、海外でも夏季休暇をとりますからね。


a1380_000103.jpg

株式銘柄の選定 


コロワイドの株は、優待がとてもいいので売れませんが、他の銘柄は売った方が良いのでしょうか。

うーん、悩ましいところです。

最近の市場は堅調さが目立っていて、保持している銘柄が大概利益を出しています。
(東電は上昇したとはいえ、未だに評価損を出していますが。)

夏場に向けて、いったん処分し利益を確定したうえで、また9月、10月に買い進めるというのもありなんですけどね。

あっ、問題はNISA口座か。

不注意ながら既にNISA口座限界まで売買していました。

まだ5月だというのに。

少なすぎますよね、120万円なんて。

普通に売買していたら、結構すぐ超えてしまいますよね。

使っていない人がいたら譲ってもらいたいぐらいですよ。(20%の所得税が非課税になるんですから、使わない手はないんですが)

そんな資金もないので、一回の取引では数万円の利益ですが、20%は痛いですからね。

仮に10万円の利益があっても、そこから2万円弱とられますからね。

2万円って、かなり大きいですよ。

2万円あれば、みずほの株が買えますし、投資信託を買うって言うのもあります。

おいしいものも結構食べることができますからね。

うーーん、もう少し流れを見てから決めることにしましょう。

意外と元気に夏場も盛り上がるかもしれませんからね。

下がるとしたら、18,500円くらいは見ておいた方が良いかもしれませんね。



スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・経済指標としての国債金利(利回り)~リスクオフ/リスクオンの見極めに 
・今週は東電HDが大きく躍進~一気に評価益 






にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。