So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国大統領選~今後の日本との関係はどうなる [ニュース]

韓国大統領選挙の結果がでました。

最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)が韓国大統領となりました。

韓国は、2代続いた保守政権から、革新政権が誕生しました。


スポンサードリンク






韓国大統領選 


朴槿恵大統領の罷免に伴う韓国大統領選は、昨日(9日)に開票されました。

事前のメディアの予想通り、文在寅(ムン・ジェイン)候補が大統領となりました。

反日、親北朝鮮の意思を持つ大統領誕生で、韓国との付き合い方を考えないといけない事態になりました。

文在寅氏の政策として、以下があります。

1.従軍慰安婦に関する日韓合意については、再交渉をする。

2.韓国経済においての財閥改革を実施する。

3.雇用問題として、公共部門で81万人雇用の創出。

4.北朝鮮問題において、経済特区「開城工業団地」の再開。

5.アメリカ軍の迎撃ミサイル配備は、自政権で決定する。

なんとも、日本やアメリカにとって、いい大統領とは言えないようですね。

2、3、はいいとして、1,4,5は、問題です。

特に4,5は、今ある北朝鮮リスクにとって、悪影響を及ぼす内容です。

北朝鮮との経済特区を再開すると、北朝鮮に核開発の資金が流入する恐れもあります。

いくら各国が経済制裁を行っても、一番身近で危険に接している韓国が支援していたら、元も子もありません。

今回の選挙では、若い層が、文在寅氏を応援したそうです。

大きな変化をもたらしてくれると期待していたようです。

反日や、親北朝鮮の政策は、あまり興味をひかなかったようで、もっぱら雇用や財閥改革が注目されたようです。

本当は、もっと大切な世界の動向に対して、あまりにも無知すぎると言わざる負えません。

イギリスのEU離脱は、老人が多くEU離脱を支持していました。

イギリスの若者たちは、自分たちの未来を台無しにしたと怒っています。

大阪でも、大阪維新の会による大阪都構想を、これも老人たちが拒否して、頓挫させたと怒っていました。

韓国は、逆ですね。

なんか、韓国の将来が非常に心配になりました。

a0960_005164.jpg


スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・南アフリカランドが意外と頑張っている~ジャンク入りも資源価格高騰で 
・投資信託の毎月分配型~勘違いして買っている人が多すぎる 





にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ

◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。